featuredImage

個人賠償の保険金額で自転車保険を比較

プランによって異なる個人賠償の保険金額

個人賠償の保険金額は自転車保険のプランによって大きく異なります。最低ラインは約1,000万円からであり、一番高い自転車保険にいたっては2億円まで補償されます。過去の高額賠償事例を見ると、約9,500万円の賠償事例があります。万が一の高額賠償に対応しようと考えた場合、最高1億円まで高額賠償補償があると安心です。

個人賠償の保険金額

詳細

NTTドコモ「ドコモサイクル保険」

5億円

プランに関係なく5億円。

au損保「自転車向け保険 Bycle」

3億円

「ゴールド」「シルバー」コースなら3億円、「ブロンズ」コースなら2億円。

三井住友海上「ネットde保険@さいくる」

3億円

プランに関係なく3億円まで補償。

セブンイレブン「自転車向け保険」

3億円

プランに関係なく3億円まで補償。

総合保険センター「自転車の責任保険」

3億円

「充実コース」なら3億円まで補償。

au損保「ケガの保険 交通事故」

1億円

プランに関係なく1億円。

ちゃりぽ「自転車あんしん保険」

1億円

「1億あんしんプラン」「1億もっとあんしんプラン」なら1億円、「あんしんプラン」「もっとあんしんプラン」なら1,000万円。

JCBカード「JCBトッピング保険自転車プラン」

1億円

プランに関係なく1億円まで補償。

モンベル「モンベルの自転車保険」

1億円

プランに関係なく1億円まで補償。

TSマークの補償

1億円

赤色1億円、青色1,000万円まで補償。

個人賠償の保険金額重視なら「ドコモサイクル保険」、au損保の「自転車向け保険 Bycle」、三井住友海上「ネットde保険@さいくる」、セブンイレブン「自転車向け保険」

個人賠償の保険金額が5億円なのは、「ドコモサイクル保険」。次いで3億円の補償は、au損保の「自転車向け保険 Bycle」、三井住友海上「ネットde保険@さいくる」、セブンイレブン「自転車向け保険」の3社です。

TOPページ自転車保険比較ページに戻る

本サイトは情報提供が目的であり、個別の金融商品に関する契約締結の代理や媒介、斡旋、推奨、勧誘を行うものではありません。本サイト掲載の情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社及び情報提供者は一切の責任を負いません。

掲載されている情報は、FRAMEほけん編集部が独自にリサーチした時点の情報、または各商品のJANコードをもとにECサイトが提供するAPIを使用し自動で生成しています。掲載価格に変動がある場合や、登録ミス等の理由により情報が異なる場合がありますので、最新の価格や商品の詳細等については、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。

この記事を書いた人

writerImage

FRAMEほけん編集部

最新の自転車保険に関するニュース、子供や自分自身を守るための交通安全の知識や自転車保険の選び方・申し込み方法・最安料金・特徴・補償内容など、安心して自転車ライフを過ごせる情報をお届けします。

自転車保険 総合ランキング

ranking-icon総合
ranking-icon

au損保
自転車向け保険 Bycle

プラン名:シルバーコース

保険料ひと月あたり590円〜
対象年齢ご契約者(お申込人)について18歳以上の方がお申込みいただけます。 補償の対象となる方(被保険者)は0歳~74歳までの方で、以下の方をご指定いただけます。 『ご契約者本人』 『ご契約者と同居している同姓のご家族』
ranking-icon総合
ranking-icon

ZuttoRide
サイクルライド保険

プラン名:スタンダード

保険料ひと月あたり297円〜
対象年齢加入制限なし
ranking-icon総合
ranking-icon

自転車安全対策協議会
みんなの自転車保険

プラン名:プランA

保険料ひと月あたり138円〜
対象年齢加入制限なし
return-to-top上に戻る
FRAMEほけんslash-divider自転車保険slash-divider個人賠償の保険金額で自転車保険を比較